Tohoku University Rowing Club

ふるさと納税につきまして

ふるさと納税は、実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。
一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。ですが、ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。ふるさと納税を通じて、①釜房ダムや戸田ボートコース、岩沼新艇庫付近の練習環境の整備②返礼品のご送付という形でご支援をして頂けます。

詳しくはこちらをご覧ください。

■ふるさと納税によるご支援について

1.ふるさと納税とは

ふるさと納税は、実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。
一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。ですが、ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。

お住まいの自治体に限らず、どの自治体にも寄付をすることができます。また、自治体によっては寄付金の用途について納税者自身が指定することができるところがあります。

2.  ふるさと納税を通じたご支援の方法

現在漕艇部は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて活動自粛中ですので、活動再開後(時期未定・6月中旬以降)にふるさと納税制度を活用したご支援をご検討頂きますようお願い致します。

①練習場所としてお世話になっている宮城県川崎町や岩沼市、埼玉県戸田市へ寄付をして頂く。

※その際、使い道を「自然環境保全事業」などに指定して頂く必要があります。

→ボート部として、活動場所が維持されるという恩恵を受けることができる。また、昨年の台風によるポンドの洪水によって東北大学の戸田艇庫も被害を受けましたが、戸田市への寄付によって、大切な艇やオールなどの道具を守ることにもつながります。

②自治体からの返礼品をボート部に寄付して頂く。

→普段のエッセンの食材や、合宿で使用する日用品をお送り頂けますと、合宿環境の向上につながります。

3.ふるさと納税を行っている自治体のご紹介

 ボート部が普段練習でお世話になっている自治体を中心にご紹介します。

① 宮城県川崎町

【特徴】

雄大な自然が織りなす美しい景観と、きれいな水からつくりだされる安全な農林が広がります。水産物や先人たちが築き上げた伝統文化など、素晴らしい資源が多くあります。

【ボート部とのつながり】

  • 2011年、震災の被害を受けた漕艇部は川崎町釜房ダム湖に練習拠点を移転
  • 2014年、図南会や東北大学の多大なる援助により釜房艇庫が建設される。
  • 現在は、北大戦や青根温泉のお祭りなど川崎町と共同で活動することも多く、私たちの活動になくてはならない存在である

【使い道】「自然環境保全事業」

河川水質保全事業、森づくり事業 等

 

公式HP ふるさと納税制度

http://www.town.kawasaki.miyagi.jp/15,13184,78.html

ふるさとチョイス 宮城県川崎町

https://www.furusato-tax.jp/city/product/04324

楽天ふるさと納税 宮城県川崎町

https://www.rakuten.co.jp/f043249-kawasaki/

さとふる

https://www.satofull.jp/town-kawasaki-miyagi/

ふるなび

https://furunavi.jp/Municipal/Product/Search?municipalid=271

 

②宮城県岩沼市

【特徴】

東北地方の交通の要衝として知られています。

かつては松尾芭蕉や司馬遼太郎など、「旅の達人」と呼ばれる方々もこの街を訪れ、句や紀行文を記しています。

【ボート部とのつながり】

  • 新艇庫建設中(2021年春竣工予定)
  • 貞山運河は創部から震災まで漕手の主な練習場所であり、オリンピック選手がうまれる

【使い道】「生活環境の整備」

境保全、衛生、防災、道路 等

復興の途上である岩沼市への寄付によって新艇庫周辺の環境が整えられる

ふるさとチョイス 宮城県岩沼市

https://www.furusato-tax.jp/city/product/04211

ふるなび 宮城県岩沼市

https://furunavi.jp/Municipal/Product/Search?municipalid=261

楽天ふるさと納税 宮城県岩沼市

https://www.rakuten.co.jp/f042111-iwanuma/

 

③埼玉県戸田市

【特徴】

「~水と緑豊かなオアシス 都心近くの快適タウン~」となっております。戸田市は荒川を境に東京都と隣接し、水と緑あふれる潤いのあるまちです。街中の豊かな緑、ボートコース、親子で遊べる広い公園や憩いの場。ほっと心癒されるオアシスのような空間がここにあります。

【ボート部とのつながり】

  • 夏休み、春休みの長期合宿や、大会期間中の滞在場所
  • 平成9年、2代目の戸田艇庫が完成
  • 2019年、台風19号によって被害を受けたが、多くの方の支援のおかげで、現在は不自由なく合宿生活を送ることができている。

【使い道】「安心・安全」

安心して暮らせる街の実現    河川の氾濫による水害や地震などの自然災害に備えることで災害に強い街を目指す

 

公式HP ふるさと納税制度

https://www.city.toda.saitama.jp/soshiki/174/zeimu-furusatotoha.html

さとふる 埼玉県戸田市

https://www.satofull.jp/city-toda-saitama/

 

4.返礼品の具体例

返礼品を差し入れとしてお送り頂ける場合は、以下の例をご

参考に返礼品をお選び頂けますと幸いです。

また、時期・場所によっては、こちらで返礼品を受け取ることが難しい場合がございます。返礼品をお送り頂く際は、メールやお電話で事前にご連絡頂きますようお願い致します。

  • エッセンとして毎回使用出来る食材

お米、卵、納豆など

  • 予算制約上、合宿期間には食べることの出来ない食材

果物→栄養上積極的に摂取したい

予算制約上、果物をエッセンで食べる機会はほぼない

  • エッセンの食材として利用できそうなもの

野菜や加工肉製品、練り物など

  • 艇庫の日用品

トイレットペーパー、消毒用アルコールなど

 

5.実際のお手続き方法について

ふるさと納税を行う方法は、インターネット、寄付申込書、窓口受付や金融機関での納入など様々です。自治体のHPをよくご確認ください。

おすすめするのは、「さとふる」「ふるさとチョイス」「楽天ふるさと納税」「ふるなび」といったインターネットサイトでの申し込みです。見やすくわかりやすい説明が書かれているだけでなく、納税による控除額のシミュレーションができたり、返礼品の郵送先・お届け日時を指定できたりするサイトもございます。以下、インターネットサイトで返礼品の郵送先を変更するお手続きについてご案内します。

【返礼品の郵送先を変更する方法】

・楽天ふるさと納税

→楽天市場でのお手続きと同様に、注文確認の際に、送付先の変更をクリックしてください。送付先リストに登録済の住所へ送る場合は、その住所を選択します。新しく送付先を登録される場合は、「送付先を追加する」からお手続きをお願いします。

・さとふる

→配送先指定の項目から「新しい配送先(お届け先)を設定する」を選択します。住所入力画面に移るので、送り先の住所を入力して、お手続きをお願いします。

・ふるなび

→申し込み情報の下部にある「寄附金受領証明書等の書類送付先が申請者と異なる場合はチェックを入れ別途送付先を入力してください。」にチェックを入れてください。チェックを入れると、「返礼品の配送先」入力欄が現れるので、送り先の住所を入力して、お手続きをお願いします。

・ふるさとチョイス

→「配送先指定可」「配送先を複数指定可」の返礼品を選択します。申し込みに必要な情報を入力する際に、「お礼の品のお届け先」という項目でお届け先を設定してください。

※寄付申込書を用いた場合

・宮城県川崎町

→寄付申込書様式の下部に川崎町への意見を記載する欄がありますので、そちらへ返礼品の送付先だと分かるように記載をお願い致します。

・宮城県岩沼市

→申込書の空白のある部分もしくは枠外に「返礼品の送付先」と記載していただき、送付先の氏名・ふりがな・郵便番号・住所・電話番号の記載をお願い致します。

 

【郵送先住所】

 335-0024 埼玉県戸田市戸田公園5-50

東北大学戸田艇庫

 989-1515 宮城県柴田郡川崎町小野字西田10-5

東北大学釜房艇庫

 ※時期・場所によっては、こちらで返礼品を受け取ることが難しい場合がございます。返礼品をお送り頂く際は、メールやお電話で事前にご連絡頂けますと幸いです。

 

6.その他留意事項

 ①ワンストップ特例制度について

確定申告の不要なサラリーマンなどの給与所得者等がふるさと納税を行う場合、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄付金控除を受けられる仕組みです。

手続きが簡略化されたことで、もっと簡単にふるさと納税を楽しめるようになりました。

「ワンストップ特例制度」を利用する場合、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄付金控除相当額につき、確定申告を行った場合と同額が住民税から控除されることとなりました。

寄付回数の少ない方にお勧めの制度です。

 ②事前のご準備について

ワンストップ特例制度を利用する・しないにかかわらず、ふるさと納税にはマイナンバーカード、もしくはマイナンバーが確認できる書類+身分証明書が必要となります。

 

7.お問い合わせ

 何かご不明な点がございましたら、下記電話番号/メールアドレスまでお問い合わせください。

 東北大学漕艇部マネージャー 2年 和田夏野

TEL070-1142-8578

MAILtohoku.rowing@gmail.com

© 2020 東北大学漕艇部

テーマの著者 Anders Norén