漕艇部紹介

東北大学とは

目指すはインカレ優勝

私たち東北大学漕艇部はボート競技で日本一、そして世界を本気で目指している集団です。2011年から男子部と女子部の二部制に体制変更をし、男子部では「全日本大学選手権(インカレ)」のエイト種目での優勝、女子部では舵手付きクォドルプル種目での優勝を目標に掲げ、日々練習に励んでいます。

震災による本拠地の移転

2011年に起こった東日本大震災は誰の記憶にも新しいでしょう。私たち東北大学漕艇部もその影響を大きく受けました。それまで練習水域として利用していた、名取市の貞山堀と名取艇庫は、海沿いに位置していたために津波の被害に遭いました。幸いなことに部員は全員無事でした。しかし艇庫の周りは瓦礫や土砂で埋まり、練習どころか生活すらもままならない状態となりました。
震災直後の恐怖と不安がある中、活動を続けるかどうか選択しなければなりませんでしが、最終的に私たちは漕ぎ続けることを選択し「インカレ優勝」という目標を掲げ続けました。そして半年後、宮城県川崎町にある釜房ダムを新たな練習水域として見つけ出し、練習を再開しました。その影では後援会である「東北大学図南会」の惜しみない援助がありました。現在、図南会の会員は1000名を超え、私たちの活動の大きな支えとなっています。

沿革

120年を超す伝統

東北大学漕艇部は旧制二高端艇部からの歴史を受け継ぎ、創部120年を超える伝統のある組織です。

1960年には東北大学クルーが日本代表としてローマオリンピックに出場。1978年に全日本選手権エイトで優勝。全日本大学選手権(インカレ)エイトでは1975年、1978年~1980年、1995年の計5回の優勝を果たしています。

近年では、2013年のインカレ男子エイト4位、2014年の女子舵手付きクォドルプル3位を始め、全日本の大会で数々の入賞を果たしています。また、2006年7月にベルギーで開催されたワールドU23レガッタに2名の選手を日本代表として派遣しました。