Tohoku University Rowing Club

主将あいさつ

男子部主将 武田信哉

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
 これから始まる大学生活に、期待と不安が入り混じった気持ちでいることと思います。3年前の私も同じような気持ちだったことを覚えています。そんな中、ボートの魅力と部の雰囲気に惹かれ入部を決めたのは、非常に良い選択であったと思います。
 東北大学ボート部は、「日本一」を目標に活動している部活です。総勢100名近くいる部員のうち、部員の約九割が大学から競技を始めます。部員のバッググラウンドは様々で、高校時代運動部でなかったという部員も多くいますが、各種大会で強豪私大に劣らない成績を収めています。ボート競技には、センスも、運動神経も必要ありません。気持ちさえあれば、誰だって強くなることができます。
 また、学生主体で活動しているというのも大きな特徴です。練習はもちろん、組織運営やマネジメントについても部員が考えて主体的に行っています。自分達が定めた目標を達成するために、本気で情熱を注ぐことのできる環境がこの部にはあります。
 そして何といっても、ボートを漕ぐことは楽しいものです。ボートが水上を滑るようにして進んでいく感覚は言葉では言い表せないほどです。皆さんにも、ボート部の新歓に足を運んでもらい、その感覚を味わってほしいと思います。
 新歓で、あなたと一緒にボートに乗れることを、そして、日本一という目標に一緒に挑戦できることを、心から楽しみにしています。

 

女子部主将 中村希

 新入生の皆さん、入学おめでとうございます!
 皆さんは夢のキャンパスライフに、何を期待していますか?大学は人生の通過点ではなく、大きなターニングポイントになると思います。
 東北大学ボート部は九割が初心者、しかし選手をはじめマネージャー、コーチ全員で日本一に向かい、誰よりも濃い大学生活を送っています。
 最後の学生生活、大きな何かを成し遂げたい、新しいことに本気で取り組みたい、日本一に挑戦したい、そんな熱い想いをもったあなたを、私たちは心から待っています。

「最高の仲間と、最後の青春を。」

見たことのない可能性を、私たちとともに切り開いていきませんか。

© 2020 東北大学漕艇部

テーマの著者 Anders Norén